インターネットからクレジットカードで税金を支払う 2017/10/17

 

忙しくて外出のできないとき、『国税クレジットカードお支払サイト』は便利ですよ。

 

【税金をクレジットカードで支払うことはできる?】

『国税クレジットカードお支払サイト』を使い、所得税、贈与税、相続税等の国税をカードで支払うことができます。

 

 

【夜でも利用できる?】

夜間や休日でも利用できます。

 

 

【納付の期限に間に合う?】

支払サイトで支払いの手続きをした日に、納付が完了したものとされます。通帳から実際に引き落とされる日で判定しません。例えば、今日が納付期限の場合、今日中に支払サイトで支払いの手続きをすれば、セーフになります。

 

 

【家族の税金も支払うことができる?】

家族分の国税を、支払サイトを使って、手続者本人のクレジットカードから支払うこともできます。ただし、税金を代わりに負担する行為は贈与にあたりますので、贈与税には注意をする必要があります。

 

 

【簡単に手続きすることはできる?】

インターネットでクレジットカードによる買い物をしたことがある人には、そんなに難しくないかと思います。迷うとしたら、納付税目、課税期間、申告区分あたりかと思いますが、支払サイト内にこれらの調べ方が説明されています。また、この手続きをすることについて税務署へ届出書を事前に出すようにはなっておらず、すぐに実行することができます。

 

 

【手数料はかかる?】

支払サイトの運営会社に所定の手数料を支払う必要があります。

 

 

【クレジットカードのポイントはつく?】

大手カード会社1社に確認したところ、税金の納付は通常の買い物と同じ取り扱いをしており、ポイントはつくそうです。

 

 

【支払サイトへの入り方は?】

支払サイトへは、次の手順で入ってください。

 

①国税庁サイトの次のページに入る。

国税庁サイト:[手続名]クレジットカード納付の手続

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/credit_nofu/index.htm#access

 

②[ 概要 ]の欄にある“ 国税クレジットカードお支払サイト ”をクリックする。

 

③画面左上のURLが次の通りであるか確認をする。

https://kokuzei.noufu.jp

 

■国税庁は、利用者が詐欺の被害に遭うことのないよう、国税庁のサイトを経由して支払サイトに入ることを強く推奨しています。

■支払サイトに直接入るときは、必ず、上記③のURLの確認を行ってください。

■URLとはインターネットの世界における住所にあたるもので、次の黄色で囲われたところに表示されます。

 

 

 

 

【インターネットでの支払いは安全?】

今年3月に、東京都の都税の支払いサイトから、利用者のカード番号等の情報が流出しました。インターネットの世界に完全な安全を求めることは難しく、便利さとリスクを天秤にかけて判断する必要があります。なお、国税のサイト運営会社は、流出したサイトの運営会社とは異なる会社です。

 

 

【対策方法は?】

情報が流出しても生活に支障をきたすことのないよう、カードの支払い上限を適切な金額に設定しておくこと、引落口座の預金通帳を預金残高の多すぎない通帳にしておくこと、支払い履歴をこまめに確認すること等の対策が必要になります。

 

 

【コンビニ等の店頭でも支払うことはできる?】

現状では、コンビニ等の店頭においてカードにより支払うことはできません。

 

 

【最後に】

支払サイトを利用するメリットの一つは、自宅に居ながら何時でも税金の納付ができることです。多忙のため銀行やコンビニに寄る時間のない人や、外出するのが難しい人に、特にお勧めです。

 

Office

〒460-0003
名古屋市中区錦2-2-24
フージャース名古屋錦ビル8F

052-218-2022
月~金曜 9時~17時